本文へ移動

胃・腸の病気

消化器疾患

最近、胃の調子が悪い・・・
お腹が張る・・・
お通じの調子が悪い・・・
 
身体のちょっとした変調を放置していませんか?
悪くなる前に受診しましょう。早く受診すればそれだけ苦しむ時間は短くなります。
当院では最新式の医療器械をそろえて検査、診断をします。。
もちろんピロリ菌検査も行っています。

苦痛のない内視鏡検査

当院は最先端の内視鏡装置をそろえました。
苦痛をともなわないように、5.4㎜の細径胃カメラを使用しています。また処置用の9.2㎜胃カメラや大腸カメラも患者さまのご希望により、鎮静剤を使用して楽に検査を受けられるよう工夫をしています。

当院の内視鏡検査について

胃カメラは受診当日に行うことができますが、その際は朝食を取らないようにお願いします。午後からの胃カメラを希望する方は、昼食を食べないで受診してください。
土曜日、日曜日の午前中も胃カメラを行なっております。
大腸カメラは一度受診していただき、検査日を予約します。
現在、大腸カメラは唐沢病院にお願いしていますが、お手数のかからない手続きを構築しています。
受診していただく際は、ぜひお電話でご予約ください!
当日検査が多い場合は、お受けになれないこともあります。

食道・胃内視鏡

鼻からの内視鏡は5.4㎜の細い内視鏡を使用します。
細ければ喉の不快感や吐き気を感じることが少なくなります。
細い内視鏡は画像が従来の内視鏡にくらべ、画質が落ちるという欠点がありました。画質が悪いと詳細な観察が不十分になる可能性があります。
そこで当院では最新式のハイビジョンレベルの画質を持った内視鏡を準備しました。
安心して経鼻内視鏡を受けていただけます。
もちろん口からの内視鏡でも構いません。ご本人に選択していただくようにしております。
ポリープ切除などの処置を行う場合は従来の9.2㎜内視鏡を使用しますが、ご希望の方はお薬で寝ている間に内視鏡を行うことも可能です。その場合、内視鏡終了後1時間は院内でお休みいただく必要があります。

肝臓病

肝機能障害と異常があるといわれた方に
 
肝臓は腸から吸収したの栄養分を貯蔵したり体内の不純物を分解・排泄したりする大事な臓器です。
アルコールやウイルスで肝臓が痛むと血液検査で異常値がでたり、進んでくると倦怠感、黄疸などの症状がでます。
健康診断で肝臓機能異常といわれた方は、まず受診して検査を受けましょう。
当院は日本肝臓学会専門医がおります。
最新のエコー(超音波検査装置)、CTや採血で原因を探し治療を行います。
医療法人社団
旭川キュアメディクス
 
〒070-0036
北海道旭川市6条通15丁目69番地1
TEL.0166-23-3127
FAX.0166-27-2088
 
1. 内科
2. 外科
3. 麻酔科
4
7
5
5
5
5
TOPへ戻る