本文へ移動

消化器疾患

消化器疾患

最近、胃の調子が悪い・・・
お腹が張る・・・
お通じの調子が悪い・・・
 
身体のちょっとした変調を放置していませんか?
悪くなる前に受診しましょう。早く受診すればそれだけ苦しむ時間は短くなります。
当院では最新式の医療器械をそろえて検査、診断をします。。
もちろんピロリ菌検査も行っています。

苦痛のない内視鏡検査

当院は最先端の内視鏡装置をそろえました。
苦痛をともなわないように、5.4㎜の細径胃カメラを使用しています。また処置用の9.2㎜胃カメラや大腸カメラも患者さまのご希望により、鎮静剤を使用して楽に検査を受けられるよう工夫をしています。

食道・胃内視鏡

鼻からの内視鏡は5.4㎜の細い内視鏡を使用します。
細ければ喉の不快感や吐き気を感じることが少なくなります。
細い内視鏡は画像が従来の内視鏡にくらべ、画質が落ちるという欠点がありました。画質が悪いと詳細な観察が不十分になる可能性があります。
そこで当院では最新式のハイビジョンレベルの画質を持った内視鏡を準備しました。
安心して経鼻内視鏡を受けていただけます。
ポリープ切除などの処置を行う場合は従来の9.2㎜内視鏡を使用しますが、希望の方は鎮静剤を使用するようにしています。

大腸内視鏡

大腸内視鏡はスコープの硬さを変えることができるハイビジョン対応内視鏡を使用しています。
細かなところまで観察することができ、硬さを変えることで痛みをすくなく容易に挿入することが可能になりました。
 
大腸カメラを行った後、しばらくお腹が張るという患者さまがいます。
当院は他院に先駆けて炭酸ガス送気装置を導入し、お腹の張りが少なくなる工夫をしています。
炭酸ガスは通常の空気にくらべて、ガスの体内吸収が早く短時間で検査後の残存した腸管内ガスがなくなります。
吸収された炭酸ガスはすみやかに肺から放出されれていきます。
 
ご希望の方は鎮静剤を使用して内視鏡を行っています。どうぞお気軽にお申し出ください。

肝臓病

肝機能障害と異常があるといわれた方に
 
肝臓は腸から吸収したの栄養分を貯蔵したり体内の不純物を分解・排泄したりする大事な臓器です。
アルコールやウイルスで肝臓が痛むと血液検査で異常値がでたり、進んでくると倦怠感、黄疸などの症状がでます。
健康診断で肝臓機能異常といわれた方は、まず受診して検査を受けましょう。
当院は2名の日本肝臓学会専門医がおります。
最新のエコー(超音波検査装置)、CTや採血で原因を探し治療を行います。
医療法人社団旭川キュアメディクス
 
〒070-0036
北海道旭川市6条通15丁目69番地1
TEL.0166-23-3127
FAX.0166-27-2088
 
1. 内科
2. 外科
3. 婦人科
4. 麻酔科
TOPへ戻る